いつかはやってくるマンション大規模修繕

マンションは区分所有という形態のために、共用部分は居住者たちで費用を出し合って修繕するというのが一般的です。小さな破損や軽い汚れなどの修繕や、エレベーターの定期点検などはさほど高額な費用も発生しませんが、建築後10年から15年が経過した時期には、かならずマンション大規模修繕の必要が出てきます。その時のために、入居者は管理費用とは別に修繕積立金を毎月積み立てているのですから、一般的にはマンション大規模修繕にあたって、追加の費用が大きく発生する可能性はあまりありません。しかし、管理組合の機能がしっかり果たされていないマンションにおいてはトラブルの原因ともなりますので、自分が居住しているマンションの管理状況をしっかりと把握しておくことが重要です。

マンション大規模修繕ではどのような工事が必要か

マンションもその建物の状態は千差万別です。建築後の劣化状況や住民の要望などによって、どのような工事をどれだけの費用と期間をかけて行うかが決定されます。一般的には外壁の塗装、エレベータの更新、水やガスなどの配管の修繕、屋上部分の防水処理などが実施されます。また住民構成の変化に伴ってバリアフリー化の工事が実施されることや、耐震補強なども施される場合があります。いずれにしても施工費用は小さな工事と比較すると桁が2つも違うほどの高額な工事となりますので、しっかりとした施工業者への工事依頼が重要となります。マンションのメンテナンスを専門に行っている実績のある業者に任せることが安心につながりますので、管理組合の動向についてはしっかりとチェックしておきましょう。疑問があればすぐに問い合わせることも大切です。

住民はある程度の期間は我慢も必要

大規模修繕が始まると、マンションの外壁は塗装工事用の足場が組まれ、塗料の飛散を防ぐためのカバーが掛けられることになります。そのために一時的ではありますが採光の面で一時的に不便を強いられ、眺望も望めなくなります。そのことについてはどの住戸であっても同様ですので、しっかりと理解しておきましょう。またエレベーターの工事や配管修繕などが実施されると、建物内に大きな音が響くこともあります。その点も心に留めておくことが大切です。いずれにしても、より安心してマンションに住み続けるために必要なこととして、工事期間中は多少の我慢も必要です。マンションの規模にもよりますが、工期は1ヶ月から2ヶ月程度はかかります。工事が終了すればまた快適なマンションライフが戻ってきますので、しばらくは工事の様子を見守ることに専念しましょう。

皆様のご要望や社会の変化、多様化するニーズに真摯に向き合い、最も身近な存在として、皆様に快適、安心をご提供いたします。 不安定な状況だからマンションの大規模修繕を。 当社のマンション入居後には、暮らしを便利に上質に、そして安心・安全を守るサービス体制を整えております。 毎日暮らす場所だから、安心してお住みいただきたい。マンションの大規模修繕工事ご提案いたします。 マンション大規模修繕のご案内は穴吹コミュニティ